群管理飼養方式におけるロールベールサイレージ給与方法の違いが泌乳牛の飼料摂取量および泌乳成績に及ぼす影響

群管理飼養方式におけるロールベールサイレージ給与方法の違いが泌乳牛の飼料摂取量および泌乳成績に及ぼす影響

レコードナンバー692233論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005895NACSIS書誌IDAN10485504
著者名横山 学
家守 紹光
柿原 孝彦
ほか4名
書誌名福岡県農業総合試験場研究報告
別誌名福岡農総試研報
Bull. Fukuoka Agric. Res. Cent
発行元福岡県農業総合試験場
巻号,ページ23号, p.78-82(2004-03)ISSN13414593
全文表示PDFファイル (764KB) 
抄録乳牛の群管理飼養方式において低コストかつ省力的にロールベールサイレージを給与する目的で、給与方法の違いが泌乳牛の飼料摂取量および泌乳成績に及ぼす影響について検討した。試験は、分娩後5-7ヶ月のホルスタイン種泌乳牛を用い、3群×3期のラテン方格法で行った。ロールベールサイレージを細断しMRと混合して給与する区(混合給与区)、ロールベールサイレージを無細断でMRと別々の飼槽で給与する区(分別給与区)、同一飼槽において無細断ロールベールサイレージ上にMRを載せて給与する区(同時給与区)、の3区を設定し、泌乳牛の飼料摂取量および泌乳成績等を調査した。(1)ロールベールサイレージの摂取量は、混合給与区および同時給与区が分別給与区より有意に高い値を示した。(2)乳量・乳成分は、各区に差は認められなかった。(3)摂取飼料費および乳飼比は、混合給与区および同時給与区が、分別給与区より低い値を示した。以上のことから、同時給与区は分別給与区よりも、ロールベールサイレージの摂取量が多く、また、同時給与区は混合給与区と同等の泌乳成績が得られることが明らかとなった。
索引語泌乳;ロールベール;サイレージ;混合;分別;飼料摂取量;摂取;管理;方式;乳牛
引用文献数27
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat