植物におけるポリアミンの代謝・制御およびストレス反応へのかかわり

植物におけるポリアミンの代謝・制御およびストレス反応へのかかわり

レコードナンバー692308論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011205NACSIS書誌IDAA11651673
著者名森口 卓哉
書誌名果樹研究所研究報告 = Bulletin of the National Institute of Fruit Tree Science
別誌名Bulletin of the NARO Institute of Fruit Tree Science
Bull. Natl. Inst. Fruit Tree Sci
果樹研報
発行元農業技術研究機構果樹研究所
巻号,ページ3号, p.1-20(2004-03)ISSN13473549
全文表示PDFファイル (178KB) 
抄録ポリアミンは細胞分裂,形態形成そしてストレス反応などの多くの重要な過程に関与していると考えられているが,その生理機能は未だ十分に理解されていない。近年の分子生物学の進展によりポリアミン代謝制御機構の遺伝子レベルでの研究や組換え体技術による内生ポリアミン量の制御が可能となってきている。ここではポリアミンの代謝経路やその制御機構について説明する。また,特に環境ストレス耐性とポリアミンの関連性について記載する。さらに,果樹において有用であると考えられるポリアミンの生理機能についても概説する。
索引語制御;代謝;ストレス;反応;生理;機能;機構;植物;細胞分裂;形態
引用文献数161
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat