伊勢湾,三河湾で標識放流したトラフグ人工種苗の分析・移動

伊勢湾,三河湾で標識放流したトラフグ人工種苗の分析・移動

レコードナンバー692593論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名阿知波 英明
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ70巻・ 3号, p.304-312(2004-05)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (785KB) 
抄録トラフグ人工種苗の分布・移動などを把握するため、1995-1999年の7-12月に計19群21805個体(全長58.5-207.0mm)を、伊勢湾、三河湾で標識放流した。その結果1464個体(6.7%)が再捕され、再捕場所は伊勢湾、三河湾および両湾に隣接した遠州灘に限られ、放流時の全長と再捕率には正相関が認められた。再捕場所は、放流年の10月までは伊勢湾、三河湾、11-12月は両湾と遠州灘、翌年1月以降は伊勢湾湾口部から遠州灘であった。また、伊勢湾湾口部での放流群は、放流3ヵ月以内の再捕が多く移動範囲も広いものの、再捕率は低くなった。
索引語放流;移動;標識;人工種苗;個体;分析;分布;相関;年;伊勢
引用文献数32
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat