Arabidopsis thalianaとキャベツ(Brassica oleracea)との体細胞雑種

Arabidopsis thalianaとキャベツ(Brassica oleracea)との体細胞雑種

レコードナンバー692635論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名山岸 博
中川 信也
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ73巻・ 4号, p.319-323(2004-07)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (882KB) 
抄録A. halianaの系統‘Columbia’とキャベツ品種‘富士早生’からプロトプラストを単離し、ポリエチレングリコールを用いて細胞融合を行った。融合後の培養によって、12.4%の頻度でカルスからのシュートの再分化が認められた。63個の再分化シュートの大部分はA. halianaのプロトプラストに由来するものであったが、2つのシュートが雑種の形態を示した。雑種シュートから得られた植物体の形態的観察および核のpi遺伝子の分析から、これらはA. halianaとキャベツの体細胞雑種であることが確認された。2つの体細胞雑種個体は、ミトコンドリアゲノムに関しても雑種性を示したが、葉緑体ゲノムについてはキャベツのものと一致していた。この組合せによる体細胞雑種は今までに例がなく、キャベツの育種素材としての利用や、キャベツの遺伝子の機能解析の材料としての有用性が期待される。
索引語雑種;キャベツ;体細胞;プロトプラスト;再分化;形態;遺伝子;ゲノム;系統;品種
引用文献数18
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat