養液栽培条件下でのモリブデンによるトルコギキョウの花色の青色化

養液栽培条件下でのモリブデンによるトルコギキョウの花色の青色化

レコードナンバー692637論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名渡部 由香
古賀 智恵
橋永 文男
ほか1名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ73巻・ 4号, p.330-336(2004-07)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (547KB) 
抄録アントシアニンを含む数種の花き花弁に関して、モリブデンによる花色の青色化を調査した。花弁切片をモリブデン酸アンモニウム水溶液に浸したところ、チューリップ‘パープルフラッグ’とトルコギキョウ‘季の明’、‘リネーションレッド’で花色が青色に変化した。トルコギキョウ‘エクローサブルー’とダッチアイリス‘ブルーマジック’ではわずかに青色化したが、チューリップ‘イルドフランス’、バラ‘カリエンタ’、カーネーション‘カイン’では変化しなかった。モリブデンとアルミニウムの濃度が花色の青色化に与える影響を調査するために、モリブデン酸アンモニウムと塩化アルミニウムの水溶液に3種の花弁‘リネーションレッド’、‘エクローサブルー’、‘パープルフラッグ’を浸したところ、青色化が生じる最低のモリブデン濃度は‘リネーションレッド’で0.5mM、‘エクローサブルー’、‘パープルフラッグ’では1mMであった。アルミニウムの青色化効果はほとんどなかった。モリブデンで花色が青色化した5品種はアントシアニジンとしてデルフィニジンを含んでいた。シアニジンとペラルゴニジン、あるいはペラルゴニジンのみを含む品種はモリブデンの影響を受けなかった。モリブデンによる深色作用はデルフィニジンを含む花弁からの抽出液及び薄層クロマトグラム上のスポットでも観察された。また、トルコギキョウ‘エクローサブルーフラッシュ’の養液栽培において、開花直前に養液にモリブデンを1mM添加したところ、花色が青色化した。
索引語モリブデン;トルコギキョウ;養液;アルミニウム;栽培;種;酸;アンモニウム;チューリップ;濃度
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat