製材品等の高付加価値化技術の開発

製材品等の高付加価値化技術の開発

レコードナンバー692829論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020636NACSIS書誌IDAA11279142
論文副題地域材を利用した床構面の開発
著者名藤田 和彦
石井 利典
書誌名研究報告
別誌名広島県立林業技術センター研究報告
広島県立林業技術センター研究報告
Bulletin of the Hiroshima Prefectural Forestry Research Center
発行元広島県立林業技術センター
巻号,ページ36号, p.7-15(2004-03)ISSN1343411X
全文表示PDFファイル (2131KB) 
抄録太田川流域スギ・ヒノキ材を活用した床構面(スギラチス,ヒノキラチス,スギパネルタイプ)を開発し,従来タイプも含めて,その強度性能評価を行った。その結果,次のような性能が明らかになった。なお,床倍率は各種類とも1体であるため,推測値である。1)従来タイプは初期の変形も小さく,靱性があり床倍率は2.5であった。2)ラチスタイプは,初期の変形は大きいものの,靱性があることが分かった。床倍率1.1であり,スギ板+火打ちと同等であった。3)スギパネルタイプは,スギパネルをコースレッドで止めつけただけの構造であるが,構造用合板12mm以上,根太@340以下,転ばし,N50@150以下の床倍率1.0と同等の性能があった。
索引語スギ;開発;性能;構造;製材;技術;地域;流域;ヒノキ;強度
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat