タマミジンコ給餌におけるティラピア仔稚魚の最適給餌率の把握および成長の推定

タマミジンコ給餌におけるティラピア仔稚魚の最適給餌率の把握および成長の推定

レコードナンバー692851論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名遠藤 雅人
斎藤 真由
竹内 俊郎
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ52巻・ 2号, p.159-165(2004-06)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (302KB) 
抄録タマミジンコ給餌におけるティラピア仔稚魚の最適給餌率の把握と同条件下における飼育時の成長式の確立を目的として水温28℃で飼育実験を行った。実験1では1日3回給餌時の飽食量と魚体重(21.2~397.5mg)との関係を調べた。実験2では最適給餌率を把握するため、魚体重32.3、72.6および189.7mgのティラピア稚魚を供試し、異なる給餌率(飽食率の33.3%、66.6%および100%)で飼育実験を行い、餌料効率を調査した。餌料効率は全ての魚体重で給餌率が高くなるに伴い、向上し、飽食摂餌時にほぼ最大となることがわかった。このことから、本飼育条件下では飽食率が最適給餌率であると結論付けられた。実験1の飽食摂餌時の魚体重別成長率から成長式を算出し、その適合性を調べるため、開口直後の仔魚を用いて4週間の連続飼育を行った。その結果、実測値と理論値は良く一致した(χ(2)-test、P>0.05)。
索引語給餌率;飼育;給餌;ティラピア;条件;餌料;効率;摂餌;推定;水温
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat