AFLP解析によるシイタケの品種判別

AFLP解析によるシイタケの品種判別

レコードナンバー692859論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020889NACSIS書誌IDAA11352650
著者名松本 晃幸
寺島 和寿
長谷部 公三郎
書誌名財団法人日本きのこセンター菌蕈研究所研究報告 = Reports of the Tottori Mycological Institute
別誌名日本きのこセンター菌蕈研究所研究報告
菌蕈研究所研究報告
発行元日本きのこセンター菌蕈研究所
巻号,ページ41号, p.20-25(2004-06)ISSN03888266
全文表示PDFファイル (396KB) 
抄録シイタケ(Leninula edodes)の品種判別に対するAFLPマーカーの有用性について検討した。栽培品種50菌株(45菌株は原木栽培用品種、5菌株は菌床栽培用品種)のゲノムDNAに対して、2種類のプライマー組み合わせによるAFLP解析を行った結果、合計230個の多型AFLPフラグメントが得られ、それらによって供試したすべての菌株を判別することができた。各菌株のAFLPプロファイルに基づくクラスター解析の結果、本研究で供試した菌株に2つの主要なグループのあることが示された。ひとつのグループには、低温から中温(5-2℃)が子実体の発生に好適で、主に原木栽培による“乾シイタケ””生産に用いられる16菌株が含まれた。もうひとつのグループには、中温から高温(10-2℃)で子実体の発生が可能で、原木栽培あるいは菌床栽培による“生シイタケ””生産に用いられる28菌株が含まれた。これらの結果は、前に著者らが報告した主要栽培品種15菌株の分析により得られた結果(erashima e a1.、2002a)を支持するものであり、AFLPマーカーが日本のシイタケ栽培品種の判別および品種間の遺伝的関係の推定に実際に利用できることを示唆している。
索引語栽培;品種;シイタケ;解析;マーカー;種;菌床;子実体;発生;生産
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat