東海地区における食材・食べ物の廃棄の実情と食スタイルの実態調査

東海地区における食材・食べ物の廃棄の実情と食スタイルの実態調査

レコードナンバー700095論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014358NACSIS書誌IDAN00239465
論文副題名城大学農学部学生の家庭を中心に
著者名小原 章裕
松久 次雄
書誌名名城大学農学部学術報告
別誌名Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Meijo University
発行元名城大学農学部
巻号,ページ40号, p.71-77(2004-03)ISSN09103376
全文表示PDFファイル (736KB) 
抄録2002年7月、東海地区における食材・食べ物の廃棄および食のスタイル(内食率)の実情について、本学学生(170世帯、延べ573人)を対象に調査をし、以下の結果を得た。1.この地区での生ゴミの廃棄量の平均は、113g/人/日であり、他の大都市に比べ少なかった。2.調理担当者の年齢別に生ゴミ廃棄量をみた場合、40歳台以上で高く、10‐20歳台では平均値以下と低い傾向であった。単身世帯を除いて家族構成人数の多いほど一人当たりの生ゴミ廃棄量は少なかった。3.調査地域(3県)の中、名古屋市に在住する世帯の生ゴミ排出量は他の地域に比べ有意に低値を示した。4.食品の廃棄方法としては、生ゴミとして出す世帯85.3%、一部でも自分で処理する世帯は21.2%であった。後者の多くの世帯は畑に入れていた。5.1週間の内食率の平均値は62.2%であり、朝食と夜食において内食率が高かった。居住地域による差は特に名古屋地区<大都市地区>で若干低い値であった。家族人数が多い世帯や、調理担当者が40歳以上の世帯で内食の傾向が強く、生ゴミを自分で処理する世帯の多くは調理担当者が40歳以上であった。
索引語調査;調理;地域;家族;実態;大学;家庭;年齢;食品;畑
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat