圧密処理木材の特性評価に関する研究

圧密処理木材の特性評価に関する研究

レコードナンバー700218論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011681NACSIS書誌IDAN1046979X
著者名住友 将洋
佐野 募
永井 良昌
書誌名徳島県立工業技術センター研究報告 = Report of Tokushima Prefectural Industrial Technology Center
別誌名徳島県工業技術支援本部(徳島県立工業技術センター)研究報告
研究報告
徳島県立工業技術センター研究報告
発行元徳島県立工業技術センター企画情報課
巻号,ページ9巻・ p.91-96(2000-11)ISSN21865574
全文表示PDFファイル (734KB) 
抄録間伐材製材品をパラフィンによる加熱の後,4面プレスで圧密化を行った.加熱条件,プレス条件の検討を行った.また,圧密処理材の材料性能を評価した.その結果,パラフィンによる加熱は,材料内部まで加熱する際に含水率の影響を受けることが分かった.加熱方法による変色では,パラフィン加熱が蒸気加熱に比べ変色が若干小さかった.プレス条件ではプレスの温度及び加熱時間が材料の寸法安定性に影響が大きかった.圧密処理により硬さは向上し,圧密度が高い方が硬くなった.曲げ強度は,圧密で高くなったが,圧密度を高くしてもそれほど大きくはならなかった.
索引語加熱;処理;パラフィン;条件;材料;評価;密度;木材;特性;研究
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat