牛の胚移植に関する研究(4)

牛の胚移植に関する研究(4)

レコードナンバー700289論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007587NACSIS書誌IDAN00168764
論文副題過剰排卵処理に用いるFSHの投与量と製剤について
著者名阪田 昭次
松岡 一仁
藤山 繁
ほか1名
書誌名山口県畜産試験場研究報告
別誌名Bull. Yamaguchi. Live. Res. Inst.
Bull. Zoo. Exp. Stn. Yamaguchi Jap.
山口県畜試研報
Bulletin of the Zootechnical Experiment Station, Prefecture of Yamaguchi, Japan
発行元山口県畜産試験場
巻号,ページ13号, p.23-28(1997-03)ISSN02871262
全文表示PDFファイル (428KB) 
抄録黒毛和種経産牛の過剰排卵処理に用いるFSHの投与量と製剤の種類について検討した。通常用いられている豚下垂体性性腺刺激ホルモン(以下FSH-P)の投与量について、40-30、28、26-24、20mg投与の4区で比較検討した結果、推定黄体数及び回収卵数ともに投与量を減らす程、回収卵数が増加する傾向が見られ、20mg投与区が有意に高い値(P<0.01、P<0.05)を示し、残存卵数は少ない傾向にあった。正常胚率は、28-24mg投与が良好で、20mg投与区は最も低率であった。次に、黄体形成ホルモンの含量を抑えたFSH-P(以下FSH-W)の20mg投与を行った結果、未受精卵率が著しく(P<0.01)低下するとともに変性卵の減少もみられ、正常胚率が有意(P<0.01)に上昇し成績の向上が見られた。さらに、過去の繁殖成績が良く採卵成績が良好であった牛群に、FSH-PとFSH-Wの投与を行い検討したが回収卵数・正常胚数・正常胚率に差はなかった。しかし、FSH-Wの投与で未受精卵率の低下(P<0.01)がみられ、ホルモン中の黄体形成ホルモンの含量が未受精卵率に影響するのではないかと考えられた。これらのことから、黒毛和種経産牛の過剰排卵処理においては、FSH-Wの20mgを減量投与することにより、バラツキの少ない採卵成績が得られ、より多くの正常胚が得られるものと思われた。
索引語投与;卵;胚;過剰排卵;処理;黄体;回収;ホルモン;受精卵;製剤
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat