Lacococcus garvieae及びPhoobacerium damselae subsp.piscicida培養条件における最小発育阻止濃度の精度管理値

Lacococcus garvieae及びPhoobacerium damselae subsp.piscicida培養条件における最小発育阻止濃度の精度管理値

レコードナンバー700358論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名川西 路子
小島 明美
石原 加奈子
ほか7名
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ39巻・ 2号, p.111-114(2004-06)ISSN0388788X
全文表示
抄録MICの試験結果を比較可能にするための精度管理が魚病細菌においても必要である。そこで、L.garvieae、P.damselae subsp.piscicidaの各2株に適合する培養条件における精度管理値を、米国臨床検査標準委員会の寒天平板希釈法に準拠した方法により定めた。各培養条件で精度管理株を含む7種9株に対する14薬剤のMICの最頻値±1 log2を仮の精度管理値とした。
索引語精度;管理;培養;条件;発育;濃度;魚病;細菌;寒天;種
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat