水温急上昇で捉えた駿河湾の急潮

水温急上昇で捉えた駿河湾の急潮

レコードナンバー700370論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008147NACSIS書誌IDAN00157043
著者名稲葉 栄生
勝間田 高明
書誌名東海大学紀要. 海洋学部
別誌名Journal of the College of Marine Science and Technology, Tokai University
Journal of the Faculty of Marine Science and Technology, Tokai University
Journal of the School of Marine Science and Technology, Tokai University
東海大学紀要海洋学部
海-自然と文化
発行元東海大学海洋学部
巻号,ページ1巻・ 1号, p.71-77(2003-11)ISSN13487620
全文表示PDFファイル (12957KB) 
抄録1993年11月中旬と1994年1月上旬、駿河湾の湾口東部と湾奥西部で、3日間に約4.5℃の水温急上昇が観測された。湾口東部の水温急上昇の原因は黒潮系暖水の流入の影響であった。湾奥西部の水温急上昇は流入した暖水が湾岸沿いに反時計回りに巡った為であった。従って、両地点での水温上昇は急潮と呼ぶ事が出来る。急潮をもたらした黒潮系外洋水の流入原因は同湾沖での黒潮流路の北上と考えられる。両地点における水温上昇の時間差と距離から求めた2度の急潮の」移動速度は1993年11月中旬は39cm sec(-1)で1994年1月上旬は38cm sec(-1)であった。これらは1992年3月上旬に発生した急潮の約半分に過ぎない。また、急潮に伴う水温変化は同湾の水位変動にはほとんど影響を与えない。
索引語水温;黒潮;水;時間;距離;移動;速度;水位;変動;潮
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat