受精卵クローン牛由来生産物の社会的受容に対する消費者の知識と態度の影響

受精卵クローン牛由来生産物の社会的受容に対する消費者の知識と態度の影響

レコードナンバー700428論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014186NACSIS書誌IDAN10481161
著者名合崎 英男
佐藤 和夫
岩本 博幸
書誌名農業情報研究
別誌名Agricultural information research
農業情報利用研究会誌
発行元農業情報利用研究会
巻号,ページ13巻・ 2号, p.139-153(2004-06)ISSN09169482
全文表示
抄録本研究の目的は、受精卵クローン牛由来生産物の社会的受容に対する消費者の知識と態度の影響を分析することである。北海道札幌市清田区の居住者171名から得たデータを利用して、潜在変数である知識と態度との関連を構造方程式モデリング、態度と牛肉の評価との関連を仮想順位付け法により分析した結果、次のことが明らかとなった。1)受精卵クローン技術に対する態度である「安全性不安」、「倫理的評価」、「直接的利益」が受精卵クローン牛由来生産物の評価に影響を与えることが明らかとなった。2)しかし、技術に関する知識は態度の形成にはほとんど寄与していないことが示された。3)以上から、技術的知識のみを提供するだけでは受精卵クローン牛由来生産物の社会的受容を向上させることは困難なことが示唆された。
索引語受精卵;クローン;受容;評価;消費者;技術;研究;北海道;データ;構造
引用文献数30
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat