フィリピン在来牛3品種におけるミトコンドリアDNA・D-loop領域とタンパク質コード領域(ND2,ND4,ND5)のDNA多型

フィリピン在来牛3品種におけるミトコンドリアDNA・D-loop領域とタンパク質コード領域(ND2,ND4,ND5)のDNA多型

レコードナンバー700541論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
論文副題indicus型とaurus型の母系ライン
著者名小松 正憲
安田 康明
Matias J.M.
ほか9名
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名Animal science and technology
Animal science journal
Nihon chikusan gakkaiho
日本畜産学会報
日本畜産学会報
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ75巻・ 3号, p.363-378(2004-08)ISSN1346907X
全文表示
抄録フィリピン在来牛3品種のindicus型とaurus型の両母系ラインの存在状況を明確にするため、本在来牛3品種を含むウシ11品種のミトコンドリアDNA・D-loop領域とタンパク質等コード領域のDNA多型を塩基配列とLA-PCR-RFLP法により検討した。イロコス牛、バタンガス牛およびイロイロ牛にはindicus型とaurus型の両mDNA型が存在することを確認した。また、これら集団中にはフィリピン在来牛独自の母系ラインの存在が考えられた。岡山県ジャージー牛集団にもindicus型とaurus型の両母系ラインが存在することを明らかした。さらに、ND4遺伝子配列中のSca 1認識部位の塩基置換(mDNA 11068位、G:aurus型、Sca 1認識部位←→A:indicus型、Sca 1非認識部位)を利用した両mDNA型を区別するPCR-RFLP法を開発した。indicus型mDNAをもつイロイロ牛のND5遺伝子の塩基配列を明らかにし、aurus型とは異なる塩基置換19ヵ所(内4ヵ所はアミノ酸置換をともなう)を明らかにした。フィリピン在来牛にバリ牛特異的なmDNA型個体は観察されなかった。
索引語フィリピン;品種;タンパク質;多型;塩基配列;集団;遺伝子;塩基;ミトコンドリアDNA;DNA
引用文献数23
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat