ルーメンバクテリア,Buyrivibrio fibrisolvensの低pH耐性

ルーメンバクテリア,Buyrivibrio fibrisolvensの低pH耐性

レコードナンバー700543論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名大河原 壮
古谷 英樹
浅沼 成人
ほか1名
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ75巻・ 3号, p.387-393(2004-08)ISSN1346907X
全文表示
抄録Buyrivibrio fibrisolvensの低pH耐性について調べた。B. fibrisolvensの5菌株を供試して増殖可能最低pHを調べた結果、菌株によってかなり異なることが判明した(pH5.2?6.0)。H(+)-APaseの比活性(菌体あたりの酵素量)を測定した結果、低pHに強い菌株は比活性が高く、細胞外pH(pHe)の低下に応答して比活性を増加させる能力が高かった。また、概して乳酸生成能の高い菌株の方が低pH耐性が高かった。一方、菌株によって細胞膜リン脂質の組成および細胞膜リン脂質中の脂肪酸の組成がかなり違っており、pHeの低下に応答してそれらの組成を変化させることにより膜の性質を変化させるような調節をある程度行うと考えられる菌株もあったが、どの菌株もその能力はあまり高くないようであった。これらの結果から、B. fibrisolvensの低pH耐性は主にH(+)-APaseによって左右されると考えられた。しかし51255株の場合は、かなり低pHに耐性であったにもかかわらず、H(+)-APaseの比活性が低かったので、別の機構で低pH耐性をもつ可能性がある。
索引語pH;耐性;活性;組成;能力;細胞膜;リン脂質;pH;増殖;酵素
引用文献数30
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat