実大いす型せん断冶具を用いたスギ製材品のせん断強度の評価

実大いす型せん断冶具を用いたスギ製材品のせん断強度の評価

レコードナンバー700927論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007981NACSIS書誌IDAN00240329
著者名井道 裕史
長尾 博文
加藤 英雄
書誌名木材学会誌
別誌名Journal of the Japan Wood Research Society
発行元日本木材学会
巻号,ページ50巻・ 4号, p.220-227(2004-07)ISSN00214795
全文表示
抄録実大材用のいす型せん断試験治具を試作し、寸法、採取位置の異なる試験体を用いてせん断試験を行った。実大治具を用いた結果、すべての試験体がせん断で破壊し、曲げ方式によるせん断試験の問題点であるせん断破壊の確率の低さを克服することができた。無欠点小試験体を用いて実大いす型せん断治具とJIS治具の比較、および、採取位置の比較を行った結果、どちらについても明確に差があるとはいえなかった。せん断面積が10000mm(2)、2025mm(2)、900mm(2)と異なる3種類の試験体のせん断強度を比較した結果、せん断面積が増加するのに従って、せん断強度は減少した。無欠点小試験体に対する実大材のせん断強度比(実大材/無欠点小試験体)は、平均値で0.73、5%下限値で0.75とほぼ等しく、また、平均値については曲げと縦圧縮の中間に位置していることがわかった。
索引語せん断;強度;曲げ;破壊;面積;スギ;製材;評価;方式;確率
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat