伊勢湾から分離されたFlavobacterium sp.によるKarenia mikimotoiの殺藻

伊勢湾から分離されたFlavobacterium sp.によるKarenia mikimotoiの殺藻

レコードナンバー700983論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名岩田 友三
菅原 庸
木村 俊夫
河和 寛恵
松本 暁人
則武 健太郎
書誌名日本水産學會誌
別誌名日本水産学会誌
NSUGAF
Nippon suisan gakkaishi
発行元日本水産學會
巻号,ページ70巻・ 4号, p.537-541(2004-07)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (415KB) 
抄録渦鞭毛藻Karenia mikimotoiを殺藻する細菌MA10株が伊勢湾(三重県)から分離され、Flavobacterium sp.と簡易同定された。MA10株はラフィド藻3種(Chattonella antiqua、Chattonella marina、Heterosigma akashiwo)と珪藻類1種(Skeletonema cosaum)の増殖を阻害することができなかった。そのため、MA10株はK. mikimotoiを特異的に殺藻する細菌であることが示唆された。MA10株をK. mikimotoiの培養に接種すると、細菌数は急激に増殖してK. mikimotoiを殺藻した。自然細菌群が共存するK. mikimooiにMA10株を接種した場合、MA10株の初期接種量が1.1×10(2)cfu/ml以上でK. mikimotoiを殺藻した。このため、MA10株は現場海域でもK. mikimotoiに対して殺藻能を有する可能性が示唆された。
索引語細菌;接種;種;増殖;三重県;珪藻類;培養;自然;海域;mikimooi
引用文献数13
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat