3 食品類中のエストロゲン活性の調査

3 食品類中のエストロゲン活性の調査

レコードナンバー701600論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012163NACSIS書誌IDAN10382771
著者名永洞 真一郎
阿賀 裕英
芥川 智子
ほか3名
書誌名北海道環境科学研究センター所報 = Report of Hokkaido Institute of Environmental Sciences
発行元北海道環境科学研究センター
巻号,ページ30号, p.34-37(2004-03)ISSN09168656
全文表示PDFファイル (346KB) 
抄録内分泌かく乱物質(いわゆる環境ホルモン)は、生体内の内分泌系、特に性ホルモンの作用をかく乱するとされている。その中で特に女性ホルモン(エストロゲン)活性を示す物質が、生物のオスをメス化する可能性が指摘されている。一方、食品中には女性ホルモンと同様の働きをする物質の存在が知られており、機能性食品として重要視されている。こうした食品が廃棄され環境中に排出された場合、生態系に対して何らかの影響を及ぼす可能性が考えられる。このことから、水環境への混入の可能性が高い液体状の食品(ジュース、調味料等)12種類のエストロゲン活性を酵母TWO-Hybrid法を用いて測定した。その結果、フルーツジュース類や酒類、液状調味料はエストロゲン活性を示さず、みそ汁上澄み液のみが弱いながらもエストロゲン活性を示した。これは、みその原料である大豆に含まれるダイゼインやゲニスタインによるものと推察された。
索引語エストロゲン;活性;食品;ホルモン;環境;内分泌;物質;女性;調味料;調査
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat