レーザ変位計による土壌破砕度計測システムの構築

レーザ変位計による土壌破砕度計測システムの構築

レコードナンバー701662論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015065NACSIS書誌IDAN00200470
論文副題レーザ変位計出力とロータリ耕うん効果の関係の解明
著者名泉 貴仁
笈田 昭
中嶋 洋
ほか2名
書誌名農業機械學會誌
別誌名Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery
農業機械学会誌
Journal of the Society of Agricultural Machinery
Journal of the Society of Agricultural Machinery, Japan
発行元農業機械學會
巻号,ページ66巻・ 6号, p.96-102(2004-11)ISSN02852543
全文表示
抄録本研究では、ロータリ耕うんによる既耕うん土壌の土壌破砕度を、非接触かつ非破壊で計測する技術の確立を目的とした。センシングデバイスとしてレーザ変位計を利用した定置型表面凹凸計測装置を作製した。土の表面凹凸データより土壌破砕度の指標を導出し、加重粒径平均(MWD)との関係を解明するための較正実験を行い、ついで、圃場において耕うん実験を行った。その結果、表面凹凸から得られた粗さ指標(Roughness)とMWDは線形関係を示すことがわかり、レーザ変位計の出力から土壌破砕度の推定が可能であることが確認された。
索引語土壌;破砕;表面;ロータリ;指標;システム;効果;研究;破壊;技術
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat