リアルタイム土壌スペクトル計測の精度評価

リアルタイム土壌スペクトル計測の精度評価

レコードナンバー701664論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015065NACSIS書誌IDAN00200470
著者名下保 敏和
澁澤 栄
森本 英嗣
ほか2名
書誌名農業機械學會誌
別誌名Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery
農業機械学会誌
Journal of the Society of Agricultural Machinery
Journal of the Society of Agricultural Machinery, Japan
発行元農業機械學會
巻号,ページ66巻・ 6号, p.113-121(2004-11)ISSN02852543
全文表示
抄録リアルタイム土中光センサの試作を行い、反射スペクトルの連続計測における観測精度と安定性について検討した。その結果、550-1650 nmの波長領域では安定した土壌反射スペクトルが得られることを確認した。またほ場実験により入射及び受光センサプローブと土壌観測面との距離を観測し、857観測点における平均距離86mm、標準偏差3.3mmを得た。入射および受光シミュレーションの結果、観測距離55-90mmが安定した反射スペクトルを得る条件であることを示すとともに、見かけの吸光度は観測距離の影響を受けることを解明した。土壌成分推定には、本装置独自の検量線が必要であることを示した。
索引語観測;土壌;距離;反射;精度;評価;光;試作;波長;シミュレーション
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat