中国における参加型潅漑管理組織「用水戸協会」の基本的特徴と課題

中国における参加型潅漑管理組織「用水戸協会」の基本的特徴と課題

レコードナンバー701690論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
著者名飯嶋 孝史
書誌名農業土木学会論文集
別誌名農土論集
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
発行元農業土木学会
巻号,ページ233号, p.107-113(2004-10)ISSN03872335
全文表示
抄録中国政府は、1990年代中頃より大規模な灌漑地区における基幹施設の更新・改良を促進するための資金投入、指導を強化するとともに、水利システムの適正な管理を行うための「管理体制改革」にも力を入れている。その一環として参加型灌漑管理の試行が進められており、すでに1000以上の参加型灌漑管理組織(「用水戸協会」と呼ばれる)が設立されたと言われている。本報では、事例組織の定款と現地調査の結果に基づいて、現段階における用水戸協会の基本的特徴を明らかにするとともに、今後の普及過程における課題を提示した。
索引語管理;組織;用水;中国;施設;更新;改良;資金;投入;水利
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat