スギとベイツガをたて継ぎしたフィンガージョイント材の曲げ・引張強度特性

スギとベイツガをたて継ぎしたフィンガージョイント材の曲げ・引張強度特性

レコードナンバー701754論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010758NACSIS書誌IDAN10164318
著者名林 知行
宮武 敦
書誌名森林総合研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute
発行元森林総合研究所
巻号,ページ3巻・ 3号, p.197-203(2004-09)ISSN09164405
全文表示PDFファイル (944KB) 
抄録異なった2樹種をフィンガージョイントした材の強度特性を検討するため、スギとベイツガをたて継ぎしたフィンガージョイント材の曲げ・引張強度試験を行った。曲げヤング係数(MOE)を測定した後、各試験体を中央で切断し、両部材を再びフィンガージョイントした(等質試験体)。この試験体を曲げ・引張試験した後、破壊した部分を削除した。その後、2種類の樹種をフィンガージョイントし(異樹種試験体)、同様に試験した。異樹種試験体の曲げ強度(MOR)と引張強度は、2種類の等質試験体の平均値より低かった。異樹種試験体の強度が2種類の等質試験体の平均となると仮定した「平均値モデル」はその現象を説明することができなかった。そこで、ベイツガのデータを等価なスギのデータに置き換える「等価回帰直線モデル」を提案した。この確率モデルは、異樹種試験体の強度分布の平均値を上手く予想することができた。
索引語強度;種;曲げ;スギ;モデル;特性;データ;ヤング係数;回帰;確率
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat