固形廃棄物の溶出試料の有害性評価法の検討

固形廃棄物の溶出試料の有害性評価法の検討

レコードナンバー701855論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
著者名毛利 紫乃
山田 正人
庄司 良
ほか1名
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ17巻・ 6号, p.479-491(2004-11)ISSN09150048
全文表示
抄録最終処分場への搬入審査における生物毒性試験の適用法の検討のために、都市ごみ焼却施設の飛灰・底灰、建築廃材と不燃物混合物中間処理後の埋立処分される分別残土、シュレッダーダスト、石膏ボード粉砕物、木くず、都市下水脱水汚泥の7種の廃棄物について環境庁告示第13号による溶出試験液の一般水質、無機・有機機器分析ならびに大ミジンコ急性遊泳阻害試験、藻類生長阻害試験、ヒト肝がん細胞毒性試験、ならびに培養細胞EROD活性試験を行った。ICP?発光/質量分析結果から飛灰溶出液のPbが埋立基準値を超えた他は超過はないが、飛灰、木くず、脱水汚泥でZnが1mg/lを超えるなど灰以外の廃棄物、とくに脱水汚泥からの金属溶出についての考慮が必要であった。急性毒性について飛灰、ついで底灰とシュレッダーダストの溶出液が10倍希釈時も毒性を示し、重金属の寄与は確認されなかった。また、脱水汚泥に有意なEROD活性が検出され、PAHの寄与が示唆された。浸出水、溶出液にみられる高濃度塩類の毒性の考え方と有機物質の影響による藻類の過増殖について毒性試験における対処法を示し、藻類、甲殻類試験では塩化ナトリウムによる標準曲線補正、培養細胞では培地の塩類濃度調整による対応が適当であるとした。
索引語毒性;脱水;汚泥;廃棄物;藻類;都市;急性;培養細胞;活性;塩類
引用文献数32
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat