感染症サーベイランス・データを用いた地域間の患者発生の類似性の検討

感染症サーベイランス・データを用いた地域間の患者発生の類似性の検討

レコードナンバー701940論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005079NACSIS書誌IDAN00178870
著者名和田 正道
書誌名長野県衛生公害研究所研究報告
別誌名Bulletin of the Nagano Research Institute for Health and Pollution
発行元長野県衛生公害研究所
巻号,ページ21号, p.1-5(1999-03)ISSN03879070
全文表示PDFファイル (493KB) 
抄録厚生省から交付された1981~1990年の感染症サーベイランス・データを用いて,全国8地域間および長野県と周囲の8県間の患者発生状況を比較検討した.21疾病について,各地域間の患者発生数のグラフの上向・下向の動きを数値に置き換えクラスター分析を用いて解析した.全国8地域間の患者の発生パターンは九州,中国,近畿,中部および関東では類似性が高いが,四国,東北,北海道ではそれぞれ独立性が高いと考えられた.長野県と周囲の8県間の解析から長野県の感染症の発生には,太平洋方面である関東および関西からの影響が大きいと考えられた.
索引語発生;地域;長野県;データ;解析;疾病;グラフ;クラスター分析;中国;北海道
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat