福岡県大根川水系の魚類相

福岡県大根川水系の魚類相

レコードナンバー702691論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002773NACSIS書誌IDAA11577672
著者名中島 淳
及川 信
水谷 宏
ほか1名
書誌名九州大学大学院農学研究院学芸雑誌
別誌名Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University
発行元九州大学大学院農学研究院
巻号,ページ59巻・ 2号, p.105-112(2004-10)ISSN13470159
全文表示PDFファイル (571KB) 
抄録福岡県古賀市を流れる大根川水系において、地曳網、投網、叉手網を用いた魚類相調査を2002年、2003年、及び2004年に行った。その結果、福岡県初記録種のクロホシフエダイ、ノボリハゼ、福岡県内における絶滅が危惧されるカジカ(陸封型)、ドジョウ、メダカを含む、12目25科52種の魚類が確認された。大根川水系からの魚類相の報告はこれが初めてである。その内、純淡水魚類は19種(在来種16種)が記録され、その種数は福岡県の中規模河川としては妥当な数であったが、近郊の釣川及び西郷川のこれまでの報告と比較すると、その純淡水魚類相は比較的豊かであると言える結果であり、大根川水系を取り巻く環境が比較的豊かであると考えられた。大根川本流、支流の谷山川、米多比川及び青柳川における純淡水魚類相を比較したところ、その種数及び多様度指数は河川規模と正の相関があり、大根川本流が最も種数及び多様度が高い結果となった。
索引語魚類;種;福岡県;淡水;規模;河川;調査;メダカ;目;在来種
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat