大分県産スギ材の強度特性(第2報)

大分県産スギ材の強度特性(第2報)

レコードナンバー702693論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002773NACSIS書誌IDAA11577672
論文副題製材品の曲げ強度性能
著者名城井 秀幸
藤本 登留
村瀬 安英
ほか3名
書誌名九州大学大学院農学研究院学芸雑誌
別誌名Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University
発行元九州大学大学院農学研究院
巻号,ページ59巻・ 2号, p.137-151(2004-10)ISSN13470159
全文表示PDFファイル (806KB) 
抄録大分県産スギ丸太から製材した構造用製材品の実大曲げ試験を行い、その強度性能と材質因子の関係を検討するとともに、丸太から製材品に至る過程でのヤング係数の変動についても検討を行った。得られた結果は以下のとおりである。1.スギ正角材のMOE(A)は7.86kN/mm2(CV:20.8%)、MOR(A)は40.3N/mm2(CV:18.8%)で、MOR(A)の5%下限信頼限界値は27.3N/mm2であった。一方、スギ平角材のMOE(A)は8.12kN/mm2(CV:20.6%)、MOR(A)は47.7N/mm2(CV:21.0%)で、MOR(A)の5%下限信頼限界値は31.1N/mm2であった。正角材、平角材とも建設省告示に定めるスギ無等級材の基準強度を上回った。2.JASによる強度等級区分において、目視等級区分と機械等級区分の有効性が正角材、平角材の両者で示されたが、目視等級区分と機械等級区分を比較すると、後者の方が等級ごとのバラツキが小さく、またヤング係数が明らかな点から優れている。3.材質因子と強度性能の関係において、正角材、平角材ともMOR(A)はMOE(A)と最も高い相関を示した。また、節との関係では、集中節径比との間に有意性は認められるものの、その相関係数の値は小さく、実大製材品の強度に及ぼす節の影響は正角材、平角材とも小さいことがわかった。4.動的ヤング係数は丸太段階から製材後の生材状態で大きく減少し、丸太の動的ヤング係数(Efrl)に対する生材状態の製材品の動的ヤング係数(Efrg)の比(Efrg/Efrl)は正角材で0.77(CV:16.4%)、平角材で0.91(CV:10.1%)を示した。この低下には製材木取り法や未成熟材部の割合などが関与すると考えられた。一方、生材状態の製材品の動的ヤング係数(Efrg)に対する乾燥後の製材品の動的ヤング係数(Efrd(15))の比(Efrd(15)/Efrg)は正角材で1.13(CV:3.6%)、平角材で1.19(CV:2.8%)となり、乾燥により動的ヤング係数は増加した。また、Efrd(15)と曲げ試験で得られたMOE(A)の間には高い相関が認められ、Efrd(15)からMOE(A)の推定が可能であることがわかった。5.正角材と平角材を含む全製材品においても、MOE(A)とMOR(A)の間には高い相関が認められ、MOE(A)からMOR(A)の推定が可能であることがわかった。また、全製材品のMOR(A)の5%下限信頼限界値は27.1N/mm2となり、MOR(A)は建設省告示に定めるスギ無等級材の基準強度を上回り、MOE(A)の5%下限信頼限界値は4.81kN/mm2となり、MOE(A)はJASの機械等級区分の最低等級に相当した。また、ヤング係数を基準としたJASの強度等級区分は基準強度に概ね適合し、これは大分県産スギ製材品を機械等級区分して使えば、強度性能上合理的な利用が可能なことを示唆している。
索引語製材;強度;ヤング係数;スギ;性能;基準;機械;曲げ;相関;節
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat