低水温期のマサバ当歳魚の成長に及ぼす飼料の影響

低水温期のマサバ当歳魚の成長に及ぼす飼料の影響

レコードナンバー703008論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014219NACSIS書誌IDAA11164264
著者名朝井 隆元
書誌名大分県海洋水産研究センター調査研究報告 = Bulletin of Oita Institute of Marine and Fisheries Science
別誌名大分県海洋水産研究センター調査研究報告書
大分県海水研調査研報
発行元大分県海洋水産研究センター
巻号,ページ5号, p.19-22(2004-11)ISSN13430602
全文表示PDFファイル (278KB) 
抄録1)マサバ当歳魚を用いて、低水温期にEPおよび生餌を給餌し、両者の飼育成績を比較した。2)日間増重率および飼料効率は、生餌の方が優れていた。3)飼育終了時に生餌区の雄で生殖腺の発達が顕著であった。4)体成分分析において、生餌区の脂肪含量が高かった。5)官能検査において、EP区の刺身の嗜好性が高かった。
索引語水温;飼料;飼育;給餌;効率;雄;生殖;体成分;分析;脂肪
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat