8)A市地下水の硝酸性窒素汚染機構について(第2報)

8)A市地下水の硝酸性窒素汚染機構について(第2報)

レコードナンバー703637論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005436NACSIS書誌IDAN10552485
論文副題地下水質及び窒素同位体比(δ15N値)による汚染源の推定
著者名廣畑 昌章
松崎 達哉
藤田 一城
ほか2名
書誌名熊本県保健環境科学研究所報 = Annual report of Kumamoto Prefectural Institute of Public Health and Environmental Science
発行元熊本県保健環境科学研究所
巻号,ページ27号, p.77-82(1998-10)ISSN13416480
全文表示PDFファイル (605KB) 
抄録平成8年度に県北部A市の硝酸性窒素による地下水汚染の機構解明のため,地下水質のモニタリング調査を行った。地下水中の硝酸性窒素濃度と窒素同位体比との散布図から汚染要因を2群に分類し,第I群は化学肥料の溶脱と生活排水及び畜舎排水等による複合汚染,第II群は化学肥料の溶脱による汚染であることが示唆された。
索引語汚染;窒素;地下水;硝酸;性;機構;水質;化学肥料;溶脱;排水
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat