1)食用植物油中の残留農薬一斉分析法の検討

1)食用植物油中の残留農薬一斉分析法の検討

レコードナンバー703643論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005436NACSIS書誌IDAN10552485
著者名飛野 敏明
柳井 誠二郎
松下 豪
書誌名熊本県保健環境科学研究所報 = Annual report of Kumamoto Prefectural Institute of Public Health and Environmental Science
発行元熊本県保健環境科学研究所
巻号,ページ29号, p.35-39(2000-10)ISSN13416480
全文表示PDFファイル (493KB) 
抄録食用植物油中の残留農薬一斉分析法を検討した。n-ヘキサン・アセトニトリル分配-GPC精製-SAX/PSAミニカラム精製-ENVI-Carbミニカラム精製-GC/MS(SIM)測定の組み合わせにより,ごま油3種,オリーブオイル2種を用いて124農薬の添加回収試験を行った。ごま油で77~82農薬,オリーブオイルで96,102農薬で70%以上の回収率が得られた。食用植物油の一斉分析法として十分使用できるものと考える。
索引語農薬;精製;残留;種;回収;分配;測定;添加;食用;植物油
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat