グラフト重合による木材の活用(3)

グラフト重合による木材の活用(3)

レコードナンバー703668論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012372NACSIS書誌IDAN10370590
論文副題メタクリル酸メチル由来応用性ポリマーを用いた木材の改質
著者名浜田 和秀
書誌名高知県工業技術センター研究報告
別誌名The report on works of Kochi Prefectural Industrial Technology Center
高知県工業技術センター報告
Reports of Industrial Technology Center of Kochi Prefecture
発行元高知県工業技術センター
巻号,ページ33号, p.25-27(2002-12)ISSN09168729
全文表示PDFファイル (160KB) 
抄録メタクリル酸グリシジル、アクリル酸、メタクリル酸メチル、アクリル酸ブチルの共重合により作成した官能性ポリマーと木材の反応により木材の改質を行った。木材の半量を官能性ポリマーと反応させることにより、形成温度130℃においても曲げ強さ40MPaを示し、木材とPMMAとの混合物性形体の曲げ強さ10MPaに対し、4倍の曲げ強さを示した。
索引語木材;酸;性;曲げ;反応;重合;温度;メタクリル;ポリマー;メチル
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat