珪酸ナトリウムの添加によるオカラタンパク質生分解性プラスチックフィルムの試作

珪酸ナトリウムの添加によるオカラタンパク質生分解性プラスチックフィルムの試作

レコードナンバー703724論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
著者名院多本 華夫
石川 豊
李 紅
ほか2名
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ103号, p.9-16(2004-12)ISSN03888517
全文表示
抄録大豆タンパク質と比べて生分解性素材としてのオカラタンパク質のアミノ酸含有量は少なく生分解性プラスチックの原材料として使用するにはさらに工夫が必要である。オカラタンパク質のフィルム形成溶液に対し、ドデシル硫酸ナトリウム、または、珪酸ナトリウムを添加し、アミノ酸の種類および形成フィルムの物理特性を調べた結果、ドデシル硫酸ナトリウムの処理では親水性、珪酸ナトリウムでは疎水性のアミノ酸がそれぞれ多く形成された。また、珪酸ナトリウムで処理したフィルムの形成溶液で作られた大豆タンパク質・オカラタンパク質のフィルムはともに物理特性、特に耐水性が顕著に改善された。珪酸ナトリウムの処理によって疎水性のアミノ酸が多く形成されたためと見られる。
索引語ナトリウム;タンパク質;性;形成;アミノ酸;生分解;処理;添加;プラスチック;硫酸
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat