融雪システムを有する連棟ハウスと単棟ハウスの暖房および融雪に要する熱量の比較

融雪システムを有する連棟ハウスと単棟ハウスの暖房および融雪に要する熱量の比較

レコードナンバー703727論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
著者名古野 伸典
佐瀬 勘紀
石井 雅久
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ103号, p.33-40(2004-12)ISSN03888517
全文表示
抄録積雪地域の冬期期間において、融雪システムを有する連棟ハウスと、融雪システムを有さず屋根雪がハウス両側面へ滑落する一般的な単棟ハウスを対象に、必要熱量の検討を行った。調査期間中における、連棟ハウス内に設置した融雪用暖房機の発熱量は、降雪量から算出した融雪に必要な熱量に対して、高い正の相関を示した。また、両者はほぼ1:1に対応した。連棟ハウスの床面積当たり必要熱量は、単棟ハウスの床面積当たり必要熱量よりもやや少なかった。保温比が大きいことによる熱量の減少よりも、融雪に用いられた熱量の増加が小さかったためと考えられる。期間暖房負荷の算定値との比較では、単棟ハウスの暖房熱量はやや小さかった。連棟ハウスの暖房熱量と融雪に用いられた熱量の和は、算定値とほぼ同等であった。このため、積雪地域での融雪に用いられる熱量を除いた熱量は、従来の算定方法では、やや大きく評価される可能性が考えられる。
索引語熱量;融雪;暖房;システム;積雪;地域;雪;調査;相関;負荷
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat