加工用原料米育種における効率的な特性評価法の開発と実用育種への適用

加工用原料米育種における効率的な特性評価法の開発と実用育種への適用

レコードナンバー703808論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017424NACSIS書誌IDAA1138913X
著者名小林 和幸
書誌名新潟県農業総合研究所研究報告 = Journal of the Niigata Agricultural Research Institute
発行元新潟県農業総合研究所
巻号,ページ7号, p.1-96(2004-12)ISSN13449206
全文表示PDFファイル (9697KB) 
抄録水稲糯米育種の初期段階で適用できる少量・簡易・迅速な餅硬化性の検定法と精度の高い切り餅の食味官能試験法を開発した。これらの新たな特性評価法を導入した育種プログラムを新品種育成試験に適用した結果、加工特性に優れる個体および系統が効率的に選抜され、水稲糯米品種の開発年限を大幅に短縮することができた。酒造用原料米育種の初期段階において酒造特性評価を行うための簡便・迅速な精米法を開発した。この精米法を利用した酒造特性評価プログラムを構築し、新品種育成試験に適用した結果、精米特性に優れ、大吟醸に適した酒造特性を有する系統が効率的に選抜・育成され、実需者ニーズに対応した酒造用原料米育種を大きく前進させることができた。
索引語特性;育種;評価;開発;原料;育成;精米;加工;水稲;プログラム
引用文献数93
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat