倒木上のコケの高さがエゾマツ実生の生残と成長に与える影響

倒木上のコケの高さがエゾマツ実生の生残と成長に与える影響

レコードナンバー703941論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
著者名飯島 勇人
渋谷 正人
斎藤 秀之
ほか1名
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ86巻・ 4号, p.358-364(2004-11)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (891KB) 
抄録倒木上のコケの高さがエゾマツ実生の生残と成長に与える影響を明らかにするため、コケがない倒木(FL(B))、コケが低い倒木(FL(S))、コケが高い倒木(FL())を対象に播種実験を行い、エゾマツ実生の発芽率と生残率、形態ならびに根の分布、各器官重を調査した。発芽率はFL()で有意に小さく、生残率は倒木間で差がみられなかった。コケの高さや実生の生残・枯死によらず、実生の主根の大部分は腐植層や材部に分布していた。当年生実生の個体重はFL()上で最も小さかったが、FL()上の実生は他の倒木の実生より幹が長く、幹へ多くの器官量配分を行っており、高いコケによる被陰に対し形態および器官量配分による順応を行っていたと考えられた。1年生実生の個体重はFL(S)よりFL(B)上の実生が小さかった。FL(B)上の1年生実生の根長が有意に短く、/Rが高かったことから、FL(B)では1年生時の根の伸長が制限され、個体の成長が抑制されたと考えられた。エゾマツの発芽および定着にはFL(S)が適していると考えられた。
索引語実生;エゾマツ;発芽;根;形態;分布;幹;器官;播種;枯死
引用文献数47
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat