地球温暖化対策としての木材利用

地球温暖化対策としての木材利用

レコードナンバー703950論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007680NACSIS書誌IDAN00379067
著者名松本 光朗
書誌名木材工業 = Wood industry
発行元日本木材加工技術協会
巻号,ページ60巻・ 1号, p.2-7(2005-01)ISSN00268917
全文表示
抄録地球温暖化対策としては森林の炭素吸収機能が注目されるが、炭素蓄積機能や化石燃料代替機能を持つ木材の役割も大きい。京都議定書では木材の蓄積機能こそ評価されないものの、より重要な代替機能は正当に評価される。森林と木材を関連付けた循環利用により、排出削減と吸収増加という両面からの効果的な温暖化対策となる。
索引語機能;木材;対策;利用;森林;炭素;吸収;蓄積;代替;化石
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat