カルシウム欠乏食による骨粗鬆症に対する運動,ナトリウム,カリウムの効果

カルシウム欠乏食による骨粗鬆症に対する運動,ナトリウム,カリウムの効果

レコードナンバー710094論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015170NACSIS書誌IDAN00250548
著者名玉城 一
老松 聡
孫 麗曼
ほか4名
書誌名琉球大学農学部学術報告 = The science bulletin of the College of Agriculture, University of the Ryukyus
別誌名The science bulletin of the Faculty of Agriculture, University of the Ryukyus
発行元琉球大学農学部
巻号,ページ51号, p.113-118(2004-12)ISSN03704246
全文表示PDFファイル (521KB) 
抄録カルシウム欠乏食を2週間投与した7週齢の雌ラットは、骨の破断力が低下し、X線写真の透過度が有意に低下し、骨が折れやすい状態の骨粗鬆症になった。運動の負荷、ナトリウム付加食、カリウム付加食は、これらの低下や増加を軽減し、骨粗鬆症を阻害傾向がみられた。ナトリウム付加食やカリウム付加食では、血中のエストロゲンが増加し、尿中のデオキシピリジノリンが低下した。
索引語ナトリウム;カリウム;カルシウム;欠乏;運動;骨;効果;齢;雌;ラット
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat