乳牛夏バテ症候群の実用的早期発見技術の開発と効果的対応技術の実証

乳牛夏バテ症候群の実用的早期発見技術の開発と効果的対応技術の実証

レコードナンバー710251論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20012974NACSIS書誌IDAN0037968X
著者名萩原 一也
日浦 千尋
光冨 伸
書誌名高知県畜産試験場研究報告 = Report of the Kochi Prefectural Livestock Experiment Station
別誌名高畜試研報
Bulletin of the Kochi Prefectural Livestock Experiment Station
巻号,ページ18号, p.36-46(2002-03)ISSN02895196
全文表示PDFファイル (1391KB) 
抄録乳牛における暑熱対策の実施期間および適正な運用技術を確立するために、複数の農家において繁養牛の呼吸数、直腸温等を調査し、泌乳量など乳牛側の要因、体感温度、牛舎環境要因との関連を検討した。呼吸数と体感温度の関係は日乳量によって異なり、日乳量35kg/日未満では呼吸数の全平均(48回/分)を超えるのが体感温度25℃前後であるのに対し、35kg/日以上では体感温度21℃前後となった。産次では3産が呼吸数が多く、搾乳日数の進行に伴って呼吸数が多くなった。風速が速くなり、牛舎容積当たりの開口部面積が広くなるに従って呼吸数と直腸温が低下した。0.5m/秒以上の風速と牛舎容積1m3当たり0.06m2以上の開口部面積が暑熱ストレス軽減に有効であると思われた。牛舎内の体感温度に基づいて送風機等の稼働を制御する機器を試作して農家に設置した結果、繁殖成績が向上し、4~10月における305日補正乳量は4~6%増加した。搾乳牛25頭、搾乳牛1頭当たり乳量25kg/日、乳価98円の経営では年間40万円(搾乳牛1頭当たり1.8万円)程度の所得増となった。
索引語呼吸;温度;乳量;搾乳;乳牛;技術;農家;容積;面積;開発
引用文献数30
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat