ICSIで使用する顕微鏡の操作法と操作上の留意点

ICSIで使用する顕微鏡の操作法と操作上の留意点

レコードナンバー710342論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名田中 隆明
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ21巻・ 4号, p.225-236(2004-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (4358KB) 
抄録ICSIでは顕微鏡を操作しての作業が欠かせない。ICSIでよく使用する顕微鏡の種類、用途、構成、特徴、及び基本的な操作方法を解説する。また、顕微鏡本来の性能を発揮させるための光軸調整、視度・眼幅調整、実体顕微鏡のズーム同焦調整、位相差の調整、微分干渉の調整、モジュレーションコントラストの調整方法について解説する。いずれも顕微鏡を取り扱う上での基礎として重要であり、正しい方法の習得が不可欠である。
索引語顕微鏡;調整;作業;用途;性能;操作;方法;使用;ICSI;解説
引用文献数1
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat