黄土高原水土保全林地の土壌水分動態に関する研究

黄土高原水土保全林地の土壌水分動態に関する研究

レコードナンバー710368論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007967NACSIS書誌IDAN00124077
著者名清水 晃
張 建軍
書誌名森林立地
別誌名Japanese journal of forest environment
森林立地学会誌
発行元森林立地墾話会
巻号,ページ46巻・ 2号, p.85-92(2004-12)ISSN03888673
全文表示
抄録黄土高原における水土保全林地の土壌水分変化特性を明らかにするため、黄土高原地域で高く評価された植林地帯(年間降水量が400?600mm)を選んでその土壌水分を測定した。測定結果から黄土高原の土壌水分動態は消耗期、増加期、減少期、安定期に分けられた。年間を通じて雑草地と灌木林地の土壌水分は林地より20mm以上多かった。各プロットの月平均土壌水分量が圃場容水量の60%以下の時期は、南向き林地と北向き混交林地で4?10月、北向きの灌木林地・林地及び雑草地では6?7月であった。谷底の土壌水分は一年中圃場容水量の60%以上になっていた。年間を通じて土壌水分量が圃場容水量の60%以上の土層は南向き林地で0?20cm、北向き林地で0?40cm、混交林地で0?20cm、灌木林地と雑草地・谷底で0?100cmであった。土壌水分量が圃場容水量の60%以下になる発生率が最も高いのは80?100cmの土層であった。その発生率はアブラマツ林地88?94%、ニセアカシア林地78?95%、灌木林地50?58%、雑草地23?41%、混交林地96%となっていた。この結果から、黄土高原地域に植林する場合には、谷間への植栽が成林可能性において有利と思われた。また、樹種については土壌水分に対する要求度の低い植生を選定する必要があると考えられた。特にフデンズのように樹高が低く、天然更新可能な灌木林を形成すれば、水土流出を防止すると同時に土壌水分の消費も少ない林分が形成可能と推察された。
索引語林地;土壌水分;水;土;草地;水量;土壌;保全;動態;地域
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat