分布域および系統分類学的特異性にもとづく鳥類の多様性評価の試み

分布域および系統分類学的特異性にもとづく鳥類の多様性評価の試み

レコードナンバー711082論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008899NACSIS書誌IDAN00046279
著者名杉村 乾
書誌名環境情報科学 = Environmental information science
発行元環境情報科学センター
巻号,ページ33巻・ 4号, p.60-69(2005-03)ISSN03896633
全文表示
抄録分布域と系統分類学的特異性をもとに鳥類の種の価値を評価する5つの客観的指標を作成し,一定地域で観察される種の集合体として多様性を評価することとした。これらの指標を用いて9つの地域を評価したところ,地域間の評価順位は指標によって異なった。そこで,単一の基準で地域間が比較できるように,AHP法を援用して,専門家の主観的判断にもとづくウェイト値を5つの指標について算出した。そして,ウェイト値を各指標にもとづく地域の評価値にそれぞれ積算する形で,地域ごとに総合的な評価値を導いた。その結果,種数は少ないが希少種の多い奄美大島がもっとも評価が高く,ついで種数と地域レベルの希少種が多い氷ノ山が高かった。
索引語評価;地域;指標;種;分布;系統;分類;鳥類;希少種;基準
引用文献数40
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat