都市大気中の光化学オキシダント測定値に対するNOxの影響の実態とその補正法

都市大気中の光化学オキシダント測定値に対するNOxの影響の実態とその補正法

レコードナンバー711510論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
著者名板野 泰之
浅山 淳
斎藤 良幸
ほか3名
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ18巻・ 2号, p.115-122(2005-03)ISSN09150048
全文表示
抄録中性ヨウ化カリウム(KI法)に基づく光化学オキシダント測定値に対する窒素酸化物(NOx:NO+NO2)の干渉を再評価した。NOもNO2と同程度に干渉し、NO2/NO比によらずNOx濃度に対して一次の干渉を示すことが確認された。そのNOxの干渉率は、NOx濃度に対する光化学オキシダント測定値の散布図から推定できることがわかった。実際に過去の光化学オキシダント濃度の常時監視データについてNOxの影響を見積もった結果、平均で3.7%の干渉率であった。NOxが高濃度で存在する大阪市のある測定局では、通勤時間帯にNOxの干渉が光化学オキシダント測定値の30%にも達することがあることがわかった。また昼間(5?20時)の光化学オキシダントの年平均値はNOxの干渉により3ppb程度過大評価されていた事も示された。NOx濃度が高い都市域での光化学オキシダントの測定値に対しては、NOxの干渉は非常に重大な影響を及ぼしている可能性が示唆された。
索引語オキシダント;濃度;都市;実態;カリウム;データ;測定;昼間;年;NOx
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat