露地ショウガにおけるアワノメイガの防除1

露地ショウガにおけるアワノメイガの防除1

レコードナンバー711529論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011918NACSIS書誌IDAN10406825
論文副題フェロモントラップによるアワノメイガの発生予察および本種に対する卵寄生蜂の働き
著者名古味 一洋
書誌名高知県農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Kochi Agricultural Research Center
別誌名Bull. Kochi Agric. Res. Cent.
高知農技セ研報
発行元高知県農業技術センター
巻号,ページ14号, p.25-30(2005-03)ISSN09177701
全文表示PDFファイル (511KB) 
抄録数種のフェロモントラップについてアワノメイガの誘殺効率を検討したところ,従来使用されていたコーントラップに比べ市販のファネルトラップの誘殺効率が極めて高く,有効であった.2002~2003年のフェロモントラップでのアワノメイガの誘殺データと露地ショウガおよびスイートコーンでの卵塊数の推移を比較すると,特に露地ショウガでの防除上重要な6月中旬~7月中旬の時期に一致せず,フェロモントラップでの誘殺データのみでは的確な防除時期の把握は困難であると考えられた.また,卵寄生蜂は8月下旬以降,アワノメイガに対する有望な土着天敵と考えられるものの,露地ショウガにおいて本種の被害を受け始める7月上旬以前の活動が少ないことから,この時期の本種に対する防除効果は期待できないと考えられた.
索引語ショウガ;防除;フェロモン;種;卵;時期;寄生蜂;効率;データ;発生予察
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat