転換畑におけるダイズの収量に及ぼす土壌特性の影響

転換畑におけるダイズの収量に及ぼす土壌特性の影響

レコードナンバー711556論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011311NACSIS書誌IDAA11651334
論文副題新潟県上越地域の事例
著者名高橋 智紀
松崎 守夫
塩谷 幸治
細川 寿
書誌名中央農業総合研究センター研究報告
別誌名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センター研究報告
独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構中央農業総合研究センター研究報告
独立行政法人農業技術研究機構中央農業総合研究センター研究報告
Bull. NARO Agric. Res. Cent.
Bulletin of the NARO Agricultural Research Center
Bull. Natl. Agric. Res. Cent.
Bulletin of the National Agricultural Research Center
中央農研研報
発行元農業技術研究機構中央農業総合研究センター
巻号,ページ6号, p.51-58(2005-03)ISSN18816738
全文表示PDFファイル (624KB) 
抄録新潟県上越地域の33筆の営農圃場を調査し,土壌条件がダイズの収量に与える影響を検討した。結果は以下のとおりである。(1) 当地域のダイズ収量は作土中の可給態窒素量よりも土壌の排水性に強く影響を受けていた。(2) 湿害強度の高い暗渠未整備圃場では粒数の決定までの過程に粒数決定要素の補償作用が機能せず,これが収量を強く制限した。(3) 比較的排水性が高い暗渠整備済み圃場では百粒重が収量に最も強く影響し,百粒重と4週間培養の窒素無機化量との間に有意な相関が認められた。
索引語収量;ダイズ;土壌;地域;圃場;新潟県;窒素;排水;性;暗渠
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat