砂濾過槽とオゾンを利用した汚水処理水脱色技術の開発

砂濾過槽とオゾンを利用した汚水処理水脱色技術の開発

レコードナンバー711558論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
論文副題処理水性状の違いによる脱色効果の比較
著者名脇屋 裕一郎
松尾 孝弘
坂井 隆宏
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ104号, p.9-14(2005-03)ISSN03888517
全文表示
抄録本試験では、砂濾床により有機物、浮遊物質等の除去を図った状態で、色度以外の他の成分性状の異なる処理水を利用した、オゾンによる脱色効果の比較試験を行い、脱色に最適な処理水性状の検索およびオゾン脱色施設の低コスト化の可能性について検討を行った。オゾン発生器は、酸化チタン電極、ハニカム構造のものを使用し、発生設定量は1台当たり3g/hとした。試験は、色度を一定とし、色度以外の他の成分濃度が低い処理水を供試した試験1と他の成分濃度が高い処理水を供試した試験2において、脱色効果の比較を行った。試験1では、色度200以下において、4時間以内に色度50程度に低下することが確認されたが、試験2では、脱色効果は確認されたものの、脱色速度は遅く、開始時色度の違いによる傾向が認められず、ばらつきが生じた。さらに、オゾン消費率は、試験2の方が高く推移したことより、オゾン脱色装置の低コスト化を図るためには、COD、NOx?N濃度の低い処理水を脱色装置に投入できるよう生物処理と一体化した処理体系の確立が必要となることが確認された。
索引語処理;水;オゾン;色;効果;性状;成分;濃度;装置;砂
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat