種子脂質抗酸化分子種による酸化抵抗力の活性化

種子脂質抗酸化分子種による酸化抵抗力の活性化

レコードナンバー711576論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20010095NACSIS書誌IDAA11836271
論文副題培養細胞抗酸化活性の改良簡易測定法
著者名濱田 稔
永井 彩子
澄田 道博
書誌名南九州大学研究報告. A, 自然科学編 = Bulletin of Minamikyushu University. A, Natural science
発行元南九州大学
巻号,ページ35号, p.13-18(2005-04)ISSN1348639X
全文表示PDFファイル (598KB) 
抄録抗酸化効果を有する天然分子種を検索するために、先ずは、そのための簡易な測定系の開発を目的として、種々の培養細胞、96穴ディッシュ、WS-1アッセイキットを用いた試みを行った。細胞の酸化障害を指標とした気道上皮細胞を用いた実験系において、培養細胞の酸化障害抵抗力を増強させ得る天然化合物の検索が容易になった。その結果、未成熟マンゴー種子などの植物種子に含まれる脂質成分が有効であり、脂肪酸画分が細胞の酸化障害抵抗力を増強させる作用があることが示唆された。
索引語酸化;種子;培養細胞;細胞;障害;脂質;分子;種;検索;活性化
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat