カキ‘刀根早生'早期加温栽培における花芽分化時期に基づく低コストCO2施用法

カキ‘刀根早生'早期加温栽培における花芽分化時期に基づく低コストCO2施用法

レコードナンバー711623論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名今川 順一
杉村 輝彦
脇坂 勝
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ4巻・ 1号, p.47-50(2005-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (369KB) 
抄録カキ‘刀根早生’の早期加温栽培における翌年の着花数の減少を改善するための液化CO2および石油燃焼機によるCO2施用技術について検討した。露地栽培、早期加温栽培とも、花芽の形態分化は満開5、6週から8週にかけて急速に進行し、それ以降はほとんど発達しなかった。開花期から加温停止時(着色開始直前)まで早朝5時間CO2 1500ppmを目標濃度としてタイマーや電磁弁を利用した液化CO2施用方式でCO2施用を行うか、灯油燃焼方式で終日施用することにより、翌年の着花数を増加させるとともに当年の1果重を増加させることができた。また、これらの方法は施用に要するコストを従来のCO2施用法の2分の1から3分の1程度に低下させるとともに、所得を約10-30%向上させた。
索引語施用;栽培;カキ;根;早生;花芽;分化;着花;燃焼;方式
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat