インドネシア国林木育種計画フェーズ2(後半)長期専門家報告

インドネシア国林木育種計画フェーズ2(後半)長期専門家報告

レコードナンバー711832論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012133NACSIS書誌IDAN10413139
著者名千吉 良治
書誌名林木育種センター研究報告
別誌名研究報告
Bulletin of the Forest Tree Breeding Institute
発行元林野庁林木育種センター
巻号,ページ21号, p.115-123(2005-03)ISSN09185828
全文表示PDFファイル (640KB) 
抄録1992年から2002年まで行われた日本とインドネシアの技術協力プロジェクトであるインドネシア国林木育種計画の,フェーズ2後半に長期専門家として派遣され,担当した課題について小課題ごとにとりまとめた。担当した課題は,プロジェクト目標を達成するためにもうけられた全3課題中の2課題の一部で,2つの課題はそれぞれ早生樹種の育種集団の次世代化,郷土樹種の育種を行うための情報収集及び技術開発である。そのうち担当した小課題は,実生採種林での優良木の選抜手法の開発,育種集団の次世代化技術の開発,実生採種林の開花特性と種子生産性,優良木の栄養繁殖技術の開発,人工交配技術の移転,郷土樹種のモデル試験地の設定,郷土樹種の栄養繁殖試験の計7小課題である。担当した小課題の一部は,短期専門家の協力を得て実行した。
索引語育種;技術;種;インドネシア;開発;林木;計画;集団;実生;採種
引用文献数23
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat