種苗生産過程の海産魚介類における疾病発生状況(1994-1999)

種苗生産過程の海産魚介類における疾病発生状況(1994-1999)

レコードナンバー711858論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008206NACSIS書誌IDAN00394140
著者名鴨志田 正晃
高橋 誠
水田 洋之介
書誌名栽培漁業技術開発研究
別誌名栽培技研
Saibai gyogyo gijutsu kaihatsu kenkyu : technical reports of Japanese sea ranching programs
発行元瀬戸内海栽培漁業協会
巻号,ページ32巻・ 1号, p.15-24(2005-01)ISSN09116753
全文表示
抄録全国の公的種苗生産機関で1994年から1999年の間に発生した海産魚介類の疾病について、種苗期疾病情報事業に報告された情報をとりまとめた。ウイルス病ではVNN、PAV、ウイルス性表皮増生症、細菌病では細菌性腸管白濁症、真菌病では甲殼類の真菌症、その他の疾病では、あわび類の筋萎縮症の報告が多かった。VNNの感染魚種は増加しているが発生件数は減少傾向にあり、PAV、細菌性腸管白濁症、筋萎縮症の発生も減少傾向にあった。
索引語疾病;発生;性;細菌;種苗生産;情報;ウイルス;腸;筋;萎縮
引用文献数28
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat