マイクロ波線処理によるクリシギゾウムシの防除法

マイクロ波線処理によるクリシギゾウムシの防除法

レコードナンバー711928論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005567NACSIS書誌IDAA11587869
著者名根本 久
原沢 正美
芦原 亘
ほか1名
書誌名埼玉県農林総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Saitama Prefectural Agriculture and Forestry Research Center
別誌名埼玉農総研研報
発行元埼玉県農林総合研究センター
巻号,ページ3号, p.1-5(2003-10)ISSN13467778
全文表示PDFファイル (367KB) 
抄録熱風処理下でマイクロ波の照射強度と処理時間の組み合わせを変えて処理したところ、クリシギゾウムシの殺虫率とマイクロ波強度・時間の関係は、一定強度下では、時間が長い程殺虫率が高かった。200?300W、2?5分のマイクロ波照射では目視によるによるクリの変性は認められなかったものの、クリシギゾウムシ生存果率は高かった。その中で、200W5分処理ではクリシギゾウムシ幼虫生存果の割合が1%と低く、クリの品質を損なうことなくクリシギゾウムシの被害を減らすことが可能と考えられた。
索引語処理;強度;照射;時間;クリ;防除;変性;品質;被害;クリシギゾウムシ
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat